サーブの強み

『常にお客様の役に立つ会社で有り続けること』

私たちサーブは、お客様に対する『感謝』の気持ちを大切にしながら、
「常にお客様の役に立つ会社であり続けること」を理念としています。
その理念を遂行するために、
サーブは5つの強みを武器に『慎始敬終』の精神で日々仕事に取り組んでいます。

1.足場の多様化への取組

1993年、設立当時のキャッチフレーズは「足場のことならお任せください」でした。足場づくりのプロとして、現在もその思いは変わりませんが、時代の流れと共に社会状況は大きく変化しています。そうした変化の中で、安全に対する社会的要請も多様化し、より一層の安全対策が望まれています。しかし、足場を起因とした事故はなかなか減少しません。
サーブはそうした現状に対し、安全性を主体に考案された多くの新商品や新工法を取り入れながら、現場に合わせた最適な足場づくりを設計・ご提案しています。
最適なご提案ができるのは、現場を協力会社に任せっきりにするのではなく、常に現場に出て、課題解決に取り組んできたサーブだからこその強みです。

2.足場目線から建物全体へ

「安全性と作業性の高い足場なら工程も短縮できるはず!」と考え、足場を利用する方の気持ちになって取り組んできたことが実を結び、さまざまな方にご支援を頂けるようになりました。サーブはこの実績をいかし、足場づくりにとどまらず建物リニューアル工事全般を手掛けています。
リニューアル工事では、居住者様のプライベートな空間にお伺いすることが多く、そうした空間では工事にたずさわるすべての関係者が「安心かつ安全で、質の高い施工」に徹することが使命だと考えています。
現場が変われば、配慮する点、工事の進行方法などは変わりますが、多角的な目線で現場を判断し、品質向上のために取り組むべきことを探求し続けています。

3.安全第一! いかなるときも安全が最優先

高い場所や足元が不安定な場所での作業など、現場は常に危険と隣り合わせです。
だからこそ、シンプルで当たり前のことかもしれませんが、サーブにとって現場の安全を守りぬくことが最重要課題、責務といえます。設計段階から周辺環境にも配慮した計画・施工を目指すだけでなく、作業員の健康状態への気配りや、通勤時や現場作業での無事故、無災害のための活動に注力しています。
どんなに経験を重ねても、初心を忘れることなく慎重に仕事に向き合う『慎始敬終』の精神を従業員が持ち続けるよう、社員教育を徹底しています。

4.環境への配慮

次世代のために、地球の自然環境を守りたいと考えています。
そのために、使用する塗料・資材などは極力環境配慮型のものを採用し、リサイクル可能な環境社会に貢献できるよう取り組み続けています。

5.お客様第一 常に『感謝』の気持ちを忘れません

現場では何が起こるかわかりません。誠実に仕事と向き合いながらも、杓子定規に物事を捉えず、柔軟性を持って対応することで乗り越えていく必要があります。フットワークとレスポンスの良さが円滑に作業を進めるだけでなく、お客様との信頼関係を強固にすると考えています。
現場には多くの関係者が携わり、支えていただくからこそ安全安心な作業が成り立ちます。常に『感謝』の気持ちを忘れず、お客様の立場に立って考え行動することで、「安心できて心地よい、きめ細かなサービス」をご提供し続けます。

株式会社サーブTOP